障がい者のための転職サービス「ぽじチャレ」

2016年08月01日

病院のバカヤロウ!(暴言)

障害年金の診断書を書いてもらうために
ダンナさんの脳動脈瘤を手術をした脳神経外科に行ってきたのですが、
とっても嫌な気分になったので告げ口しちゃいます(笑)

今度は診療時間をしっかりチェックしてから
車にダンナさんを乗せて脳神経外科にリベンジに行きました。

ところが、受付で
「診断書は院長しか書けないので、予約してまた来てください」
と言われた。


ええ〜。
いつも生命保険の診断書はすぐ受け付けてくれるのに〜


そう言っても しょうがない。
予約して再度出直すことになった。


そして予約の日になり。
受付を済ませて待つこと30分。

「先に体の様子を理学療法士に診てもらいます」
と、リハビリ室へ行くように促された。

あれ?そうなの?

言われるままリハビリ室へ。


そこで、握力や手足がでれくらい動かせることができるかをチェック。
そのデータをこと細かにノートに書き込んでいる。

ひととおりチェックして終了。

「次に院長の診察がありますから待合室でお待ち下さい」
と言われ、また待合室へ。

そこで更に待つこと40分以上。


すると受付のスタッフがきて
「院長は診察しなくても診断書が書けるので、今日はこれでお帰りください」


な、なにい?

院長の診察がないと診断書が書けないと言うからわざわざ予約までして出直したのに
院長の診察がなくても書ける、って!!


ああそうですか。
わかりましたよ。
帰りますよ。

会計を済ませようと受付へ行ったら
「1通1万円なので2万円になります」


ええ!!

いままで診断書って3,800円で書いてもらえてたよね?

なんで急に1万円?

院長が書くから?
でも院長は全然診療してないんだけど?


頭の中を色んな思考がぐるぐる回る。


支払いを終えて
なんだか割り切れない思いで帰ってきました。



更には

年金センターの方から言われていた障害認定日のことや診療日数など
直接院長に言おうかと思っていた注意点を受付の人に伝えていたのですが、

後日送られてきた診断書には、見事に違うことが書き込まれており…(=_=)


また診断書を書き直してもらうために病院へ行かなくてはならなくなった。


いったい家族の大事な時間を何だと思ってるんだ! (="=)
病院のバカヤロウ!



ぽちっとクリックいただくと励みになります(^-^*)/
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村





posted by 小さな囁き at 12:30| Comment(1) | 障害年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

障害年金用の病院の診断書は2通

障害年金を申請するには、専用の用紙に病院で記入してもらわなくてはいけない。
ダンナさんの場合、脳梗塞になってから2年以上経ってしまったので2通必要になる。

ひとつは現在の症状などを書いたもの。
そしてもうひとつは症状が固定したと言われる「障害認定日」付近の診断書。
初診日から1年半から2年の間のあいだの状態を書いてもらうことになる。

初診日から1年半たつと障害者として認められるらしい。
もし障害年金が認められればこの時期からの分を遡って年金が支給される。

でも、この期間の診断書がないと過去の分はもらえないんです。

この差は大きい。
受け取り額が 30〜40万円 変わってくるから。


そして、脳神経外科に診断書をもらいに行ってきました。


が。

診療時間を間違えた。
午後4時ちょいすぎにダンナさんを車に乗せて病院へ行ったら
もう受付が終わってた。

あれ?
5時か6時まで診察してなかったっけ?

ああ勘違い。


また出直しです(泣)




ぽちっとクリックいただくと励みになります(^-^*)/
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
posted by 小さな囁き at 12:10| Comment(0) | 障害年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

障害年金受給まで まだまだ・・・年金センター3回目の訪問

障害年金の手続きをするにあたって、年金センターで「初診日を脳外科医院まで行って聞いてくるように」と言い渡されたので診療に行ってきました。

仕事休んで初診日だけを聞きに行ってくるなんて非常に面倒くさいけど。

そして、また年金センターに予約して聞いてきた初診日を報告に行った。
「初診日が分かったら申請に必要な書類を渡します」と言われていたし。

ところが、年金センターに行ったら また担当者が変わっていた。
そしてまた最初から状況を説明 (=_=)
いったい何回説明したら気が済むんだ?

そしてそして、今日の担当者さんは開口一番こう言い放った。

「この初診日は違いますね」

な、なにぃ〜!
わざわざ脳神経外科に行って聞いてきたのに〜!!


うちのダンナさんの場合、手術中に脳梗塞になったので
初診日=手術した日 と、なるらしい。
でも、脳神経外科で聞いてきた初診日は、脳動脈瘤で初めて受診した日だったんです。

・・・わかってるならわざわざ脳神経外科に聞きに行かなくても良かったじゃないか!

でも、ここはグッと沸き立つ怒りを抑え込む。

そして、次に言われたことは
「脳神経外科の診断書が必要なので、受診して 現在の状態の診断書と障害が固定した時期の診断書を もらって来てください」
だった。

なにぃ〜
それじゃ、この前脳神経外科に行ったときに ついでに診断してもらえば済んだじゃないか!
本当に人の手間と時間を何だと思ってるんだ!

思わず「診断書のことを知ってれば、この前病院に行ったときに手続できたんですけどね」
と、 言ったら 今回の担当さんは
「そうなんですよ。すいませんお手間を取らせてしまいましたね」
と、前回の担当さんのように上から目線な感じではなく、謝ってくれた。

あ、この人結構いい人みたい。

そして、次から予約の時に指名してくれれば、ちゃんと対応してくれると言ってくれた。
同じ人がずっと担当してくれれば何度も同じ説明をしなくて済むし。

そして各種書類をもらって帰ってきた。

まだまだ先は長いわ。



ぽちっとクリックいただくと励みになります(^-^*)/
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村


posted by 小さな囁き at 18:18| Comment(0) | 障害年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
幸せになろうよ」の先頭へ

SEO対策テンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。